未来を切開く、変化に強い企業へ。

日本企業の存続企業数は295万社あり、このなかで年間廃業になっている割合は3.5%、開業した割合は4.4%にのぼります。※
常に新たな企業が生まれ、市場から去っていく企業がいます。
この市場において、生き残っていくためには何をしたらいいのでしょうか。

これから歩まなければならない不確実な時代に対し、企業が、個人がどう生き残っていくか問われています。
生物がその環境に適応するべく「進化」してきたように、『進化マーケティング』は変化に強い未来を切開くための策として、進化論とマーケティング学から導き出した独自の手法です。
※2017年中小企業白書より


進化は、「変異」「研鑽」「分化」「適応」。

進化マーケティング

「進化」は、大きく4つの構造に分けられます。
遺伝時のエラーでおこる「変異」、世代交代し研ぎ澄まされていく「研鑽」、場所や戦略をかえる「分化」、その環境にて優れたものをもつ「適応」です。


「変異」「研鑽」「分化」で顧客を創造。

顧客がいなければ、事業は成り立ちません。
顧客を獲得するためのコンセプトワークとして、事業・商品改訂なら「変異」、商品が思ったほど売れていないなら「研鑽」、視点を変えて生き残るなら「分化」を行い、新たな顧客を獲得していきます。

「適応」で顧客関係構築・維持。

顧客を獲得しても、維持していなければ生き残れません。
その道のプロとして、顧客、物流、協力会社との「生態系」となる関係を構築し、顧客を維持していきます。
また、「適応」では常日頃変化する市場に対して「予測」し対応していきます。


サイトやSNSは顧客関係構築・維持に重要。

ネットで商品を探し購入する時代となった今、サイトやSNSは24時間働く営業マンです。
市場を予測し「適応」もしくは新商品販売や新事業など「変異」をしていくなかで、すぐに更新ができ、顧客に対してアクションを起こすことができます。
「進化マーケティング」はサイト及びSNS戦略を重要視しており、顧客創造・獲得・維持するギミックがあります。



顧客の創造と維持は、「変異」「研鑽」「分化」と「適応」の繰り返し。
消費者と常に会話し、創造性のある話題を。

企業は常に顧客に対し、新たな話題提供のための「変異」「研鑽」「分化」をすることで新規顧客を獲得します。そして、「変異」「研鑽」「分化」したのちに顧客との関係を深め維持する「適応」を行ってきます。
これを繰り返すことで常に変化する市場や環境に対して適応し「進化」していくことで、変化に強く未来を切り開いていくことができます。

※「進化論」という様々な論文があるなか、「進化マーケティング」はマーケティングの観点からとらえたものであり、学説に使われる言葉や意味合いが異なる点があります。

TOP